FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The new iPad

iPad来ましたね。

新しいiPad。

The new iPad

名前はiPad3でもなくiPad2SでもなくiPadHDでもなく

iPad

名前は戻りました。

Appleは発表会でiPadを再定義しなおしたと言っていました。

なので原点に戻るという意味でiPadという名をつけたのではないでしょうか。

そして、iPadはAppleの中でその地位を確立したということも言えますね。

iMacやMacbook,iPodなども商品の後ろに番号等をつけたりはしませんからね。

しかし、第1世代なのか第3世代なのかわかりにくくなってしまいました。

みなさんはどのように表記するのでしょうか。

iPad3なのか第3世代iPadなのか新しいiPadなのか。

とりあえずここでは新しいiPadと表記します。

Appleのキャッチコピーは

「目に見えて革新的 新しいiPad」

それでは、早速スペックを見て行きましょう。

モデル Wi-Fi Wi-Fi+4G
モデルは今まで通りの2種類ですが、4Gに対応しました。
まぁLTEですね。日本ではソフトバンクからのみの提供になるので
LTEはないでしょうかね。このへん気になりますね。

サイズおよび重量
Wi-Fiモデル
高さ:241.2 mm 幅:185.7 mm 厚さ:9.4 mm 重量:652 g
Wi-Fi+4Gモデル
高さ:241.2 mm 幅:185.7 mm 厚さ:9.4 mm 重量:662 g

重さはiPad2に比べて約50g重くなりました。
やはり、中身を詰め込んでいるので重くなることは避けられなかったのでしょうか。
そして、外見は厚さがiPad2より0.6mmだけ厚くなりました。
ケースもジャストフィットのケース以外ならiPad2のケースを使えそうですね。

容量 16GB 32GB 64GB
容量はiPad2の時と変わらずこの3種類ですね。

ディスプレイ
Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)クリアワイドスクリーン
マルチタッチディスプレイ(LEDバックライト付き)
2,048 × 1,536ピクセル、解像度264 ppi
耐指紋性撥油コーティング
複数言語および文字の同時表示をサポート

まぁこれが今回のメインと言っても過言ではないでしょう。
iPhone4,4Sのディスプレイにも使用されているRetinaディスプレイを
iPadでも搭載されました。
これによってとても高画質なディスプレイになりました。
これを求めて購入する方も多いのではないでしょうか。

プロセッサ
カスタム設計の高性能、
省電力デュアルコアApple A5X SoC(System on a Chip)
クアッドコアグラフィックス

ここも期待されていた点ですね。
予想通りA5Xチップを乗せてきましたね。
クアッドコアだって。すごいね。

ワイヤレス/携帯電話通信方式
Wi-Fi(802.11a/b/g/n)
Bluetooth 4.0テクノロジー
Wi-Fi + 4Gモデル:
UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,900、2,100 MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900 MHz)
データのみ

ここもメインですかね。
LTEに対応しました。
これで4G回線を使用することができます。
※日本ではまだどうなるか分かりません。

通信事業者 SoftBank
前回の記事でKDDIが参入するかもしれないという記事を書きましたが
今回の新しいiPadではSoftBankからだけの提供となりました。
独占体制は崩れることはありませんでした。

カメラ、写真、ビデオ撮影
5メガピクセルiSightカメラ
オートフォーカス
タップしてフォーカス
静止画での顔検出
HD(1080p)ビデオ撮影、毎秒最大30フレーム、オーディオ入り
ビデオの手ぶれ補正
FaceTimeカメラでVGA画質の写真とビデオ(毎秒最大30フレーム)を撮影
写真とビデオへのジオタグ添付

iPad2のカメラは決していいものとは言えませんでした。
そのため新しいiPadではカメラが良くなると予想されていました。
そしてこの新しいiPadには5メガピクセルのカメラが搭載されました。
ちなみにiPhoneは8メガピクセルです。
確かにiPadで写真を撮る機会よりiPhoneで写真を撮る機会のほうが
多いでしょうから、これは妥当といっていいのではないでしょうか。
そして、これ以上のコストアップをAppleは避けたかったのではないでしょうか。

バッテリーおよび電源
42.5Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
Wi-Fi + 4Gモデル:
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
電源アダプタまたはUSB経由でコンピュータを使って充電

RetinaディスプレイやLTEを搭載したiPadはもちろん電池消耗も激しくなります。
しかし、今回の新しいiPadではiPad2と同じバッテリーの持ちになりました。
おそらく、バッテリーを強化したのでしょう。

価格
Wi-Fiモデル
16GB 42,800円
32GB 50,800円
64GB 58,800円
Wi-Fi+4Gモデル
16GB 61,800円
32GB 69,800円
64GB 69,800円

そして、問題の価格ですね。
価格は上がることはなかったですね。
それでもちょっと高い気はしますが仕方ないでしょう。
値段を見てしまうと一歩踏み出す勇気も必要かもしれませんね。

他の部分に変化はあまり見られないので
詳しくはAppleの新しいiPadの仕様をご覧下さい。

他にも第3世代Apple TVが発表されて1080p再生に対応しました。
これによってiPadなどからのAirPlayでも1080p再生ができるようになりました。
ミラーリングなどもできるようになりましたね。
値段は第2世代と変わらず8800円。お値段据え置きですね。
詳しくはAppleのAppleTVをご覧下さい。

そして、iOS5.1も発表されもうすでにアップデート可能になっています。
iOS5.1ではSiriが日本語に対応しています。
フォトストリームの個別削除もできるようになっています。
そしてロック画面からカメラに行きやすくするために
ロック画面に常にカメラボタンを表示して上にスワイプする形になりました。
IMG_1166.png  IMG_1169.png

そして、バッテリー問題も改善されているとのこと。
これだけは使ってみないとわからないのでなんとも言えませんが期待できそうですね。
今回は良アップデートなのではないでしょうか?
しかし、残念な点は設定アプリへのショートカットは使えなくなっています。
よく設定アプリへのショートカットを使うという方は気をつけて下さい。

あとは、今までは20MBまでのアプリしかダウンロードできませんでしたが
3G回線で50MBまでのアプリがダウンロード可能になったことが結構大きいと思います。

今回のイベントでの発表はこんなもんでしょうか。
いろいろソフトウェア系の発表はありましたが、今回は触れないでおきます。

僕は、iPad64GBとAppleTVの購入は決めていますが
Wi-FiモデルにしようかWi-Fi+4Gモデルにしようかはいまだに迷っています。
Wi-Fiモデルを買った場合はPocket Wi-Fiを持とうと思っていて
どちらにせよソフトバンクの発表を見次第どうしようか決めようと思っています。

長文読んでいただきありがとうございました。

| Blog | 14:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://colamc.blog81.fc2.com/tb.php/724-530f1661

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。